プロフィール

UMANOSUKE。

Author:UMANOSUKE。
UMANOSUKE♂

人呼んで
うんこ漏らしの帝王

I am UNCHI KING in tokyo.

YOUTUBE(別人格、美智子テムジン三世の部屋)
http://www.youtube.com/user/MichikoTemujin3


最近の記事


最近のトラックバック


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶりむし

ごっきーぶり虫。

爬虫類の餌となる虫、
マイ☆ルールとして、
自然で捕まえた虫をあげてはいけない、と決めてる。
日本の生態系に影響を与えるおそれがあるし、
寄生虫なんかいたりするかもしれないから。
(家に紛れ込んできたセミが怖くて、トカゲに食べてもらったのは例外。ぼくはセミとカナブンは無理です。)

だから、餌として繁殖された宿命の者たちを与えています。
王道はコオロギなんでしょうが、
ぼくは、
ジャイアントミルワームっていう名称の、くっさい匂いだす虫の幼虫状態(いもむし)
と、ゴキブリ三種類をあげています。

ジャイアントミルワーム(通称じゃいみる)は、
ハンパねぇアゴを持ってます。
脱走させると、家の隅っことかかじる危険性があります。
ケージ内でも、コルク系の樹木なんか簡単に穴開けて、住み始めます。
あと、つかむ時、ピンセットでつまむ力が強いと、ぶりんぶりん暴れて体液をまき散らします。
それはなぜか大抵顔面にとんできます。

ゴキブリさん。
ぼくはゴキブリに愛着を感じています。
なので、実はあまり餌にしたりしていません。
じゃんじゃん殖えていく過程はまるで、自分が創造主になったかのような優越感を与えます。
そしてついに、マダゴキさんもやっと繁殖させることに成功したのです。
それがうれしくてこんな日記をかいてしまいました。

ゴキブリラブなんて、
こいつ変態じゃねえか、と思われるのでしょうか、
否!
僕は日本の野生ゴキブリを育てているわけではないですから。
海外のヤツ等を飼ってるわけで。

つまり、
「どうだい?ジェーン、今夜はウチのジャンガリアンハムスターでも見に来ないかい?」
「あぁ、イク!見にっイクわ、イクわボブ!!」

「どうだい?ジェーン、今夜はウチのドブネズミでも見に来ないかい?」
「何を言ってるのボブ?あなた頭でもおかしいんじゃない?汚らわしい!今日はスティーブの家のホームパーティに行くわ!」

これぐらい違うんですよね。
例えが悪かったですね。あっちの概念ではイクじゃなくてカム(Come)なわけだから。


うちにいるゴキは、
アルゼンチンフォレストローチ(デュビアたん)
レッドローチ
マダガスカルローチ
が、います。

各自にパラメータをつけてみました。

まず、ジャパニーズチャバネのイメージ、
これが我々の「ゴキブリ」のイメージになっていますよね、

以前、プリンカップに閉じ込めて観察しました。
チャバネ(日本の王道)
忍者具合 ☆☆☆☆☆
きもさ  ☆☆☆☆☆
サイズ  ☆☆
「JAPANESE NINJA」
スピード、壁上り、滑空。すべてにおいてダントツ。
テカリ具合、色味、全てにおいて完璧。
極めつけは、その脚のトゲトゲ。
汚いモノにもトゲがあるのさ!ローズウィップ!

デュビアたん
忍者具合 ☆
きもさ  ☆
サイズ  ☆☆
「キングオブキュート」
♂成体以外は、三葉虫みたいでかわいい。
動きが、おそい、壁のぼれない、とばない。ドジッ子属性。

レッドローチ
忍者具合 ☆☆
きもさ  ☆☆☆☆
サイズ  ☆
「赤い彗星」
赤茶色でテカってるヤツ。見た目はナカナカだがそれを補うミニサイズ。
動きは速いが壁はのぼれない。繁殖のペースはピカイチ。あと、ちょっとくさい。

マダゴキ
忍者具合 ☆☆☆
きもさ  ☆☆☆☆
サイズ  ☆☆☆
「マダガスカルの戦車」
いじくると、シューって鳴きます。
かなりでかい!ミニライターサイズ。
速さはのっぺり、だが、壁をのぼります。
死体放置すると殺人級に臭い。

ちなみに脱皮直後のゴキブリは白くて神々しい。
あ、やべ、写真なしブログになってる

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://uma69.blog37.fc2.com/tb.php/46-2f73394f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。